競馬2chぽい2chねるぽい情報

競馬2chSC,ツイッター,ヤフーニュース,youtube動画などで扱っている競馬情報を馬券的中に繋がるようにアレンジしてお伝えしたいと思っています!!

    タグ:宝塚記念予想

    宝塚記念予想|2016年|アンカツ予想を予想してみました
    特集:宝塚記念 打倒!ドゥラメンテ(4)

     現役最強を証明すべく、“真打ち”ドゥラメンテが久々に国内の大レースに出走する。昨年の皐月賞、日本ダービーを圧倒的な走りで制して二冠を達成。秋こそ故障で棒に振ったが、復帰初戦の中山記念(2月28日/中山・芝1800m)は久々の実戦と距離不足を懸念されながらも、ひとまくりで圧勝。古馬になってさらにパワーアップした印象を与えた。初の海外遠征となったドバイシーマクラシック(3月26日/UAEメイダン・芝2410m)はポストポンドの2着に敗れたが、レース前の落鉄の影響や、馬場適性、さらに「出走していれば、昨年の凱旋門賞馬だったかもしれない」ともされる強敵を相手にしての走りは、「負けてなお強し」を十分に印象づけるものだった。

    【写真】ファン投票1位のキタサンブラック

     当然、宝塚記念に駒を進めるとなれば、ファン投票でも1位となりそうなもの。ところが、フタを開けてみれば、1位のキタサンブラックの半数にも満たない票しか集められず、屈辱的ともいえる6位の評価。それは宝塚記念に向けての不安の表れなのだろうか、それとも、ファンの支持と馬券上の人気は別ということだろうか。

    「管理しているのがメディアへあまり出てこない堀厩舎ですから、人気投票ではそういう結果になってしまうんでしょうね。一方で、ファンが実力を認めつつも不安を感じるというのも頷けます」

     そう指摘するのはスポーツ報知の牧野博光記者。ファンが懸念する要素は、大きく分けて3つあるようだ。

     まずひとつめは、海外遠征から戻ってからの調整の難しさだ。春シーズンは、2000~2400mを主戦場とする馬にとって、日本国内に最適な大レースがないため、ドバイや香港にその矛先を向けることが多い。しかし、これらの遠征を経て宝塚記念に向かった馬たちは、07年にドバイデューティフリー(1着)→香港・クイーンエリザベス2世C(3着)から宝塚記念を制したアドマイヤムーンのほかは、軒並み敗れているのである。最近の例では、ブエナビスタやジェンティルドンナがドバイ遠征後に直行、あるは1戦はさんで宝塚記念に向かい、それぞれ人気で敗れている。また、直近では、ドゥラメンテと同じ堀厩舎のモーリスが、香港・チャンピオンズマイルを制して臨んだ安田記念で、断然人気を集めながら2着となったことも記憶に新しい。

     ふたつめは、不在中に台頭した同世代の存在だ。昨春のクラシックでは圧倒したはずのキタサンブラックは菊花賞、天皇賞・春を制し、GIタイトルの数ではドゥラメンテに並んだ。4歳の夏を迎えて、昨春の差がどこまで詰まっているのか、あるいは逆転しているのか、ここで証明されることになる。また、同厩のサトノクラウンをはじめ、アンビシャス、シュヴァルグラン、タッチングスピーチらもGI勝ちこそないものの重賞勝利などで存在感を示している。

     三つめは、ドゥラメンテ初となる関西への輸送競馬である。これまで国内で走った7戦はいずれも東京か中山の関東圏で、海外遠征のドバイは競馬場に隣接した厩舎に滞在しての調整だった。もともと気性的にうるさい面のある馬だけに、夏場の長距離輸送を経ての出走に、輸送がどこまで影響するのかは気になるところだろう。

     
    東スポを見ると
     

    本命
    ドゥラメンテ
    相手
    キタサンブラック
    シュヴァルグラン
    アンビシャス
    サトノクラウン
    トーホンジャッカル
     



    宝塚記念の無料予想
    チェンジ
    がとても熱いwwww無料予想で宝塚記念が有るみたいですね。

    当然、弊社も100%的中を確約する情報をお出しする事が出来るわけではございません。
    だからこそ今回のように期待値が高い週は見逃してはならないと
    button3-1-u




    【宝塚記念予想|2016年|アンカツ予想を予想してみました】の続きを読む

    5
    宝塚記念予想|カレンミロティックは実は強い馬?|ネット評価まとめ

     ファン投票で1位に選ばれたゴールドシップが、史上初となる平地同一GI3連覇に挑む。これを、ラキシス・ラブリーデイといった充実著しい馬や、ヌーヴォレコルト・ワンアンドオンリーといった昨年のクラシックホースなどが阻むことができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■6/28(日) 宝塚記念(3歳上・GI・阪神芝2200m)

     ゴールドシップ(牡6、栗東・須貝尚介厩舎)は5着、7着と過去敗退してきた天皇賞・春をついに制覇。満を持して、当初から春の目標としていたここで史上初となる平地同一GI3連覇に挑む。適性を不安視され続けた京都と違い、2歳時のラジオNIKKEI杯2歳Sで2着となって以降は一度も負けていない阪神との相性の良さは圧倒的で、ここは偉業達成の期待がかかる。

     ラキシス(牝5、栗東・角居勝彦厩舎)は昨年のエリザベス女王杯でGI初制覇を果たし、その後も有馬記念で僅差の6着、今年初戦の大阪杯でキズナやスピルバーグらに完勝と、牡馬相手に互角以上の成績を挙げている。雨で馬場が渋るのも歓迎で、ここも上位争いに持ち込んでくるだろう。

     ラブリーデイ(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)は今年の上半期だけで中距離重賞を3勝。今年6戦目となるだけに、さすがに状態面での上積みはそう見込めないものの、今の勢いなら勝ち負けできても当然おかしくはない。

     その他、距離延長での巻き返しを狙うヌーヴォレコルト(牝4、美浦・斎藤誠厩舎)、海外遠征帰りや久々の状態がカギとなるワンアンドオンリー(牡4、栗東・橋口弘次郎厩舎)・トーホウジャッカル(牡4、栗東・谷潔厩舎)、昨年の2着馬で今年の天皇賞・春でも3着に入ったカレンミロティック(セ7、栗東・平田修厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

     

    カレンミロティック

    父-ハーツクライ、母父-AP.Indy

     

    2013年

    金鯱賞勝利

    2014年

    宝塚記念(9番人気2着)

    2015年

    天皇賞(春)(10番人気3着)

    ↑↑

    これだけ見ると結構強い

     

     

     ツイッターの評価

    【宝塚記念予想|カレンミロティックは実は強い馬?|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    宝塚記念の穴馬候補3頭についてまとめてみました(フェイムゲーム・メイショウマンボ・デニムアンドルビー)
    フェイムゲーム 

    【宝塚記念(日曜=29日、阪神芝内2200メートル)注目馬25日最終追い切り:美浦】フェイムゲーム(写真左)は南ウッドで僚馬インプレスウィナー(パラダイスS出走)の3馬身後方からスタートし、4角では早くも馬体を並べに行く。最後まで鞍上の手綱は微動だにせず、伸びやかなフットワークで併入した(5ハロン68・8―39・0―13・1秒)。モタつき気味だった先週とは一転した反応の良さだ。

     宗像調教師「チークピーシーズ装着の効果があるようだし、1週ごとに動きが良くなっている。今回もメンバーは強いが、スムーズな競馬ができればそれほど差はないはず」

    メイショウマンボ

    【宝塚記念(日曜=29日、阪神芝内2200メートル)注目馬25日最終追い切り:栗東】メイショウマンボは武幸を背に坂路で単走。折り合い重視の最終調整がテーマだったが、テンにゆっくりと行き出すことに成功。4ハロン51・9―37・5―12・4秒の好時計を手応えに余裕を残したままマークし、順調な仕上がりをアピールした。

     飯田祐調教師「前走(ヴィクトリアマイル=2着)後のダメージが大阪杯の時の半分以下。体が回復するのも早く、ここまで思い通りの調整ができました。この春では一番の状態で出走できそう。牡馬一線級が相手では楽な競馬にはならないでしょうが、どれだけ通用するか楽しみですね」

    デニムアンドルビー

    【宝塚記念(日曜=29日、阪神芝内2200メートル)注目馬25日最終追い切り:栗東】デニムアンドルビー(写真右)は、浜中が騎乗しウッド3頭併せ。直線は真ん中に入り、楽な手応えのまま1馬身先着(6ハロン85・5―39・3―12・0秒)。前走(ヴィクトリアマイル=7着)に比べ明らかに良化気配だ。

     高田助手「前走は帰厩後10日の競馬で気持ちが入っていなかった。その点、在厩調整の今回は毛ヅヤも良くなり、昨秋に近い状態にまで上向いた」




    競馬ファンは見逃し厳禁!!

    先週も完璧でした汗)ユニコーンS完璧でした
    『管理人おすすめ無料予想サイト』
    無料予想があるサイトです!!
    フリーメールを用意するだけ

    重賞予想期待度NO1
    第1位
    高配当21

    元関係者?在籍
    第2位
    ファンファーレ

    競馬口コミサイトの評価NO1
    第3位
    千軍万馬

    無料コンテンツがゲキアツ
    第4位
    クロニクル

    第5位
    競馬本舗ミリオン

    無料予想ファン必見
    第6位
    ホースライフ

    【宝塚記念の穴馬候補3頭についてまとめてみました(フェイムゲーム・メイショウマンボ・デニムアンドルビー)】の続きを読む

    5
    宝塚記念【2014年】予想2ch|ゴールドシップ、ヤフーニュース・2ch・ツイッターの声を集めました

     4日の天皇賞・春で7着に終わったゴールドシップ(牡5、栗東・須貝尚介厩舎)が、次走の宝塚記念は横山典弘騎手とのコンビで臨むことが、同馬を管理する須貝尚介調教師より発表された。

     横山騎手がデビューから定年による厩舎解散まで所属していた石栗龍雄厩舎と、ゴールドシップのオーナーである小林英一氏との縁により今回の起用が決まった。

    【プロフィール】
    ◆ゴールドシップ(牡5)
    厩舎:栗東・須貝尚介
    父:ステイゴールド
    母:ポイントフラッグ
    母父:メジロマックイーン
    馬主:小林英一
    生産者:出口牧場


    1週前調教!!

     上半期を締めくくる宝塚記念(29日、GI、阪神、芝2200メートル)に向け、連覇を狙うゴールドシップが栗東坂路で追い切った。

     新しい鞍上は、ダービーをワンアンドオンリーで制したばかりの横山典騎手。そのノリが美浦から駆けつけ、エーデルグランツ(3歳未勝利)を追いかけた。徐々にペースを速めて、ラスト1Fも馬なりのままあっさりエーデルをかわし、1馬身半先着した。

     タイムは余裕十分に、4F53秒3-38秒6-12秒2。気負う面はなくスムーズで、鞍上との息もピッタリ合っていた感じだ。「まだ余裕があったけど、迫力はすごかったね。上がってきてからも鳴いていたように、走りたがっている。横山ジョッキーも『賢い馬だね』と言っていた」と、須貝調教師は納得の表情を見せていた。昨年同様、春の天皇賞完敗からの巻き返しがあるか。(夕刊フジ)

    競馬ファンは見逃し厳禁!!

    先週も完璧でした汗オークス完璧でした
    『管理人おすすめ無料予想サイト』
    無料予想があるサイトです!!
    フリーメールを用意するだけ

    注目度期待度NO1
    第1位
    競馬サードステージ

    元競馬ブック記者在籍
    第2位
    リアル

    口コミサイトの評価NO1
    第3位
    勝馬伝説

    無料コンテンツがゲキアツ
    第4位
    トライキャスト

    無料読み物が充実
    第5位
    アクティブ

    無料予想ファン必見
    第6位
    ホースライフ



    過去のレース(2012年共同通信杯)

     
    【宝塚記念【2014年】予想2ch|ゴールドシップ、ヤフーニュース・2ch・ツイッターの声を集めました】の続きを読む

    このページのトップヘ