競馬2chぽい2chねるぽい情報

競馬2chSC,ツイッター,ヤフーニュース,youtube動画などで扱っている競馬情報を馬券的中に繋がるようにアレンジしてお伝えしたいと思っています!!

    カテゴリ: 共同会見

    5
    天皇賞(春)予想|2016年|共同会見まとめ
     
    サウンドオブアース/藤岡佑介【気持ちが伝わるレースを】

    ■サウンズオブアースに騎乗予定の藤岡佑介騎手

    ――最終追い切りの感触は?
    藤岡 素晴らしくよかったです。気を抜かせないようにしっかりと追ってくれ、という指示でした。先週は上がり重点の追い切りだったようですが、今日は全体も速いですし申し分ない動きだったと思います。

    ――併せた馬もあっさりかわしましたね?
    藤岡 はい、いい動きだったと思います。

    ――神戸新聞杯以来のコンビになりますね。変化は感じましたか?
    藤岡 久々に跨らせてもらって、しっかりしたな、と。古馬らしくなった印象を受けました。全体的にパワーアップしていますし、気性的にも大人になったな、という感じです。

    ――昨年とはひと味違うな、という感じですか?
    藤岡 見ている分なので、その辺はわからないですけど、以前、僕が乗せてもらっていた頃と比べてよくなっているのは間違いないです。

    ――神戸新聞杯当時の印象は?
    藤岡 ペース自体はすごくうまくいって。4コーナーではダービー馬を前にみる形でした。この時は形が良過ぎて、自分がちょっと勝ち急いだなという印象がありました。どうしても最後が甘くなる馬なので、その辺りは気をつけて乗りたいな、と思っています。

    ――2着の多い馬ですね
    藤岡 そうですね。2勝した後は実質1着には1回もなっていないので、何かが足りないのだと思います。

    ――どこが足りないですか?
    藤岡 難しいですよね。ただ、一度乗せてもらった後ずっとレースを見ていると、歯痒い内容が続いていましたけれども。良いレースをして勝ち切れないという印象になってしまっているので、もし自分にチャンスが回ってくるようなら、こうやって乗ってみたいなというイメージはずっともっていました。やっと実現するチャンスが来たので頑張りたいです。

    ――親子で臨む天皇賞(春)ということになりますね
    藤岡 そうですね。競馬に乗る、乗らないに関わらず(父の藤岡師と)話はしていた馬です。もちろん厩舎の看板馬なので、いろいろ話はしていました。厩舎も春にGIを二つ勝って、すごく勢いがありますし。次は自分が、という気持ちも強いです。

    ――天皇賞(春)のイメージは?
    藤岡 数少ない長距離のGIですし、すごくジョッキーの判断やさばきが大きく出るレースだと思っています。得意なジョッキーが多いというか、いつも上位に顔を出すジョッキーが決まっているという印象があるので。僕はレースに勝つイメージを持っているので頑張りたいですね。

    ――その期待に応えるだけの出来はありますか?
    藤岡 馬が僕の期待に応えてくれるだけの出来というより、僕が馬の出来に応えなければいけないな、という感じです。

    ――最後に一言お願いします
    藤岡 本当に馬はすごく良い状態ですし、勝ちたいという気持ちが伝わるレースをしたいと思っているので、応援よろしくお願いします。

    (取材・写真:花岡貴子)

     

    シュヴァルグラン福永『是非手にしたいタイトル』

     

    ■シュヴァルグランに騎乗予定の福永祐一騎手

    ――最終追い切りに騎乗されたようですが、その手応えを教えてください
    福永 先行馬を追いかけて、最後どれくらい負荷をかけるかは乗った感じでやってくれ、という指示だったので。道中、乗った感じをみながら最後1ハロンだけ伸ばすような形で追い切りました。

    ――先週の追い切りと上がりは同タイムでした
    福永 全体の時計は違いますけど、先週強い負荷をかけているとのことだったので、今週は週末にレースなので疲れを残しすぎないようなちょうどいい負荷をかけられればいいな、と思っていました。もともと調教駆けする馬ではなくすごくいいタイムが出る馬ではないんですけど。自分が今まで乗せてもらった追い切りの中では一番動きはよかったです。

    ――絶好調で天皇賞に挑めると?
    福永 体調はずっといいと聞いていますし、前走より乗った感触はいいですね。

    ――阪神大賞典では見事な勝利でした
    福永 初めての距離でしたが、馬も上手に走ってくれて流れも向きました。ある程度、期待はしていたんですが、期待以上の走りをみせてくれましたんでね。俄然、天皇賞が楽しみになる内容だったと思います。

    ――愛馬の成長は感じましたか?
    福永 昨年の夏に久々に乗せて貰ったんですけど、しっかりした体になってきたな、というのはありました。“乗って本当にいいな”と思うような馬じゃなくて、競馬にいって走る馬なんです。調教も今まであまりいい動きをしてきたことがないんですけど、その中では今日の動きは一番よかった。徐々に徐々に良くなってきているというか、頼りない部分が少しずつしっかりしてきている。そんな印象を受けます。

    ――急成長の要因はどこにあると思いますか?
    福永 それぞれ馬の成長曲線は違うと思いますけど、なかなかゲームではないので、数値化されているものではないし、目に見えるものではないかもしれないんですけど。クラシックという大きなシリーズが成長過程にありますが、そこに向けて体が出来きってない馬を、ある程度動けるようにしていかなければいけないというのは難しいです。

     使おうと思えば、菊花賞とか参戦できたと思うんですけど。シュヴァルグランの成長曲線を早くから見抜いて、そこをパスして、成長を待ったということが大きいんじゃないでしょうか。この結果を見ると。結局は重賞を勝つぐらい力がある馬だったわけですから。無駄走りが少なかったんじゃないですか?レースを使うとやっぱり消耗してしまいますんでね。

     適正ではないレースを使うのは傷みも激しくなる。そういった意味では中・長距離を中心に使われていますし、まだまだこれからよくなりそうな馬ではあるんですけど、本当に無駄走りが少なかったおかげでこうやってGIの有力馬の1頭として参戦できるんじゃないかな、とは思いますね。

    ――福永さんにとって天皇賞(春)とはどんなレースですか?
    福永 非常に格式の高いレースです。自分は天皇賞(秋)の方はとらせてもらっていますけれども。歴史ある憧れのGIの一つなんで、ぜひ手にしたいタイトルではあります。

    ――ライバル関係はどのようにみていますか?
    福永 GIホースたちとの対戦はまだです。今回は一つの試金石になるかもしれません。簡単なレースではないと思いますし、あくまでも挑戦者の立場としてGIホースたちとぶつかってくれればと思います。前走で非常に高い長距離適性をみせてくれたんで。あとは、自分が当たった枠の中でどうやって導いていくかだと思います。胸を借りる立場でぶつかっていきたいな、と思います。

    ――まだ枠は出ていませんが、シュヴァルグランで挑む天皇賞のイメージは?
    福永 まだ出走馬も確定していませんけれども、有力馬に先行馬が多いので、そういった馬たちをみて進む形になると思います。スタート(のゲート)の中で稀にうるさい仕草を見せることがあるので、そういったことがないようにと厩舎側がスタート練習もしてくれています。もともと、スタートのセンスはいい馬なので、いいスタートを切るというのも非常に重要になってくると思いますね。距離は3200ですけど、結構、スタートがポイントだと思います。いいスタートを切って、有力馬とどのくらいの位置関係で進むかというのが鍵を握ると思います。

    ――最後に一言お願いします。
    福永 前走、非常にいい勝ち方をしてくれてね、ずっと楽しみにして待っていました。厩舎陣営が非常にいいコンディションで出走させてくれるので、今日の追い切りもすごくよかったですし、すごく楽しみにしています。たくさんの人に応援していただいて、背中を押していただけたらと思うんでぜひ応援してください。よろしくお願いします。

    ■シュヴァルグランを管理する友道康夫調教師

    ――阪神大賞典を振り返ってください
    友道 初めての3000mだったので、距離的にどうかな?と思ったのですが、こちらが思っている以上に強い内容で勝ってくれました。ジョッキーともバッチリ折り合いがついて、追い出してからもしっかり反応してくれましたね。本当に余裕のあるレースでした。

    ――逆に距離が延びてよかったのでしょうか?
    友道 折り合いもつくので、2400よりも3000の方が安心してみていられました。

    ――いい“誤算”とみてもいいのでしょうか?
    友道 誤算というか、ある程度、適性の距離ではあると思っていましたが。誤算といえば誤算ですが、嬉しい誤算です。

    ――その前の日経新春杯は2着でした
    友道 馬体的にも少し余裕があったのと、4角回る時に接触するアクシデントもあったので。その不利が全てかな、と思います。

    ――この中間の調整は?
    友道 今回は栗東に在厩しまして、どちらかというと太りやすい馬なので、太目が残らないように調教をしっかりとやってきました。

    ――最終追い切りはいかがでしたか?
    友道 もともとすごい時計がでるタイプではないんです。今日も福永くんが乗ったんですが、見ているこちらも乗っている福永くんも、今回が一番反応がよかったと意見が一致しました。福永くんからも今回はピリッとしているね、と言われました。先週くらいからこの馬にしては気合が入って、ピリッとして戦闘モードに入ったかなという感じで、非常に順調です。昨年の秋から一番の目標は春の天皇賞だといっていましたが、ここにむけていい感じで来ていると思います。

    ――昨年秋から充実してきましたね
    友道 本当に馬自身、筋肉がつくべきところについて、トモもしっかりしてきました。ゲートも出るようになりました。昨年の秋から成長していると思います。

    ――成長の要因は?
    友道 昨年の秋に菊花賞にも出られたんですけども、オーナーと相談して成長を待とうということになりました、ゆっくりと使っていったのがよかったんだと思います。

    ――この血統はオーナーゆかりの血統ですね
    友道 やっぱりこのお母さんもうちの厩舎にいて、子供も全部、佐々木オーナーの馬でうちの厩舎に預けていただいて。本当にうちの厩舎では一番思い入れのある血統なんでね。なんとか、この馬で結果を出したいと思っています。

    ――この馬の一番の強みは?
    友道 やっぱり長距離でも折り合えるところです。

    ――今の時点でこれは避けたいという状況はありますか?
    友道 今まで道悪はあまり経験していませんので、雨が降って馬場が渋るのはちょっと嫌ですね。

    ――ライバル関係は?
    友道 この馬自身も初のGIです。一線級の強い馬と当たるので、どんな競馬をしてくれるのか楽しみの方が多いです。

    ――最後に一言
    友道 今回、初めてのGIで相手も強くなってくるんですけど、この馬は昨年の秋からこの春の天皇賞を目標にここまで来ました。本当に馬は順調に来ています。後は皆さんの応援があれば、いい結果がついてくると思うので応援よろしくお願いします。

    (取材・写真:花岡貴子)



    競馬ファンならここを信頼
    無料情報で万馬券ゲット
    ja1













    【天皇賞(春)予想|2016年|共同会見まとめ】の続きを読む

    5
    皐月賞予想|共同会見|ネット評価まとめ

    リオンディーズ鞍上デムーロ『今年はメンバーがすごい』/皐月賞共同会見

    ■リオンディーズに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――先週は桜花賞優勝、おめでとうございます
    ミルコ 先週はすごくよかったです。一番勝ちたかったレースです。で、今週は皐月賞。もう1回勝ちたいですね。

    ――今週は皐月賞、リオンディーズに騎乗しますね
    ミルコ リオンディーズもかなり強い馬ですね。2歳チャンピオンです。前走は久しぶりで元気すぎて引っかかった。早めに先頭に立って最後は少し止まった。同じペースで最後まで行ってしまって負けました。残念でした。中山コースは初めてで坂もありましたね。

    ――中山を経験できたのはよかったですか?
    ミルコ はい、難しいコースです。

    ――でも、あのポジションから競馬ができたのはよかったですか?
    ミルコ はい、よかったです。

    ――2歳時から成長していますか?
    ミルコ はい、本当によくなりました。大人になりましたね。前走は久しぶりで元気すぎましたが、追い切りでは今までも折り合いは問題ないです。

    ――追い切りについてはいかがでしょう?
    ミルコ 先週、今週ともに動きはすごくいいです。折り合いも大丈夫です。

    ――三強といわれていますがライバルの印象は?
    ミルコ 今年で日本にきて17年。今年はメンバーがすごい。4頭がかなり強い。

    ――4頭とは?
    ミルコ リオンディーズ、マカヒキ、サトノダイヤモンド、アドマイヤダイオウ。みんな勝ちたいだろうし、ライバルです。力は同じくらいです。

    ――マカヒキとは弥生賞で対決しましたね
    ミルコ マカヒキもかなり強い馬ですけど、僕の馬は久しぶりでした。2000mも久しぶりだったから、楽しみです。自信あります。

    ――最後に一言
    ミルコ GIのときはプレッシャーはいつもすごいです。いつも皆さん応援してくれてありがとうございます。今週もがんばります。

    ■リオンディーズを管理する角居勝彦調教師

    ――弥生賞を振り返ってください
    角居 暮れの朝日杯を勝ったあと、ひと息入れました。もともと前向きで元気のいい馬、前々走は1600でそれが課題でジワッと行かせて後ろからの競馬になりました。それが、弥生賞では2000mで行きたいだけ良いポジションになりました。少し力んで走っていた感じかな、と思います。

    ――あの位置で競馬ができたのは?
    角居 あれだけムキになって走っていた割には最後も頑張っていました。能力は高い馬だなと改めて思いましたね。

    ――2歳時と比べての成長は?
    角居 体は早い内から完成されていました。順調にコンスタントに調教を積めたのが一番の収穫だったと思います。

    ――調教は1週前にCコースで追い切られました
    角居 ミルコが乗ってよい状態だと言ってくれました。休み明けの“走りたい”という力みは少しずつ取れているのかな、と思います。

    ――今週の追い切りはいかがでしたか?
    角居 3頭併せの後ろからで、馬がどういう状態か確認しながら。特にたくさん指示はしませんでしたが、ミルコなりに感触を確かめたようです。

    ――血統的な思い入れは?
    角居 良い馬をやらせてもらって光栄です。お母さんもお兄さんのエピファネイアもみんな前向きでしたし、調教よりも競馬で結果を見せるので、本番に強い子なのかな、と思います。

    ――三強といわれていますが?
    角居 負けていない馬も出ています。すごいメンバーだなと思います。こんな強い世代で出てこなくても、という気はします。

    ――当日、雨が降る予報がありますが?
    角居 競馬していれば雨の日も晴れの日もあります。私自身は雨は嫌いです。こなさなけばいけないと思っています。

    ――最後に一言
    角居 お母さんの代からずっとたくさんのファンの方々がついてくれています。すばらしいメンバーと一緒にGIへ向かって戦えます。雨の日らしいですけど、ぜひ傘を持って競馬場へ応援にきてください。

    ――晴れるかもしれませんよ?
    角居 晴れていても、もっと面白い競馬になるかもしれません(笑)。よろしくお願いします。

    (取材・写真:花岡貴子)

    サトノダイヤモンド鞍上ルメール『自信がいっぱいあります』/皐月賞共同会見 
    サトノダイヤモンド鞍上ルメール「自信が一杯あります」/皐月賞共同会見

    ■サトノダイヤモンドに騎乗予定のクリストフ・ルメール騎手

    ――いよいよ皐月賞ですね。
    ルメール 今週、とっても楽しみです。

    ――3戦全て騎乗していますが、どのような馬ですか?
    ルメール デビューからポテンシャルがすごく高かった。競馬が上手な馬で、すぐにレースというものを理解しました。2戦目では反応がよく驚きました。本当にとても乗りやすい馬ですね。スタミナがありますし、スタートも速いです。

    ――皐月賞についてはいかがでしょう?
    ルメール まだわからないけど、どのポジションでもいけますね。中山競馬場は直線が短く、いつも3ハロンからペースを上げますが、4コーナーがちょっとトリッキーです。

    ――追い切りも順調に消化していますね
    ルメール 1ヶ月前から今週までだんだんよくなりました。今日はトップコンディションになったと思います。今朝の反応はとてもよかったです。体もとてもきれい。今日はとても嬉しかった。

    ――いままでで一番いいですか?
    ルメール そうですね。

    ――これまでステッキを1回しか使っていないですね?
    ルメール (きさらぎ賞では)経験のために、1回使いました。多分今週はもっともっと使います。

    ――三強と言われていますが?
    ルメール マカヒキが一番のライバルです。リオンディーズも前走は休み明けだった。チャンピオンホースです。エアスピネルもとてもいい馬です。今年、(クラシックを)勝つのはとても難しいです。

    ――マカヒキには実際に騎乗されていますね
    ルメール はい。弥生賞はとても素晴らしかった。ディープインパクトの子供でとても乗りやすく瞬発力があります。ダイヤモンドと似ていますね。マカヒキはスタートはあまり速くないが、ストライドが凄く大きい。とてもいい馬です。

    ――レースではマカヒキより前にいるイメージですか?
    ルメール はい。マカヒキより前で乗りたいです。

    ――ちなみに雨が降るかもしれません
    ルメール うーん…ダイヤモンドは多分問題ないです。京都の馬場はちょっと柔らかかったです。多分、大丈夫。

    ――最後に一言
    ルメール 今年はたくさん強い馬がいます。みんなチャンピオンホース。まだリミット(この馬の限界)がわからない。自信が一杯あります。

    ■サトノダイヤモンドを管理する池江泰寿調教師

    ――ここまで3戦無敗で駒を進めました
    池江 新馬戦は調教が動かなかったので半信半疑でしたが、終わってみれば強かったですね。3戦目の重賞まで、1戦ごとに課題をクリアしてくれています。調教しがいがある馬です。

    ――デビュー前は高額馬ということで騒がれましたが
    池江 あまり気にしていません。担当者もこれまで2億円以上の馬を何頭もやってきています。

    ――改めてこの馬のいいところは?
    池江 競馬が上手なところですね。ペースが速くなったら控え、遅ければマイペースで。デビュー戦では3分3厘のところ(3-4コーナーの中間地点)で外から絡まれましたが、ムキにならず冷静に走っていましたね。

    ――追い切りはいかがでしょう?
    池江 1週前追い切りでは、ちょっと間隔があいているので強めにやりました。ゴール前100mから追って反応もよかったです。今週は馬なりで微調整ということで。さらによくなっています。

    ――きさらぎ賞から少し間隔が空いていますが?
    池江 きさらぎ賞と皐月賞の間に1戦挟むと、ダービーまで時間がありますのでね。

    ――その間はノーザンファームしがらきへ放牧ということですが、変化はありましたか?
    池江 特に変わっていません。変わらないのがいいところですね。

    ――三強といわれていますが?
    池江 2頭とも強いですよね。

    ――当日、雨の可能性もありますが?
    池江 晴れでも雨でも関係ないです。

    ――最後に一言
    池江 皐月賞を使ってダービーにピークをもっていきます。それでも、今回もきっちりいい結果を出せるように、二冠馬、三冠馬になれるようにきっちり馬をつくっていきたいと思っていますので、応援よろしくお願いします。

    (取材・写真:花岡貴子)

    マカヒキ鞍上川田『大型馬でありながらトモが弾む』/皐月賞共同会見

    ■マカヒキに騎乗予定の川田将雅騎手

    ――今回、初騎乗となりますが依頼が来た時の心境は?
    川田 ずっとマカヒキのレースを見ていましたから、これだけ素晴らしい馬を任せていただけるということがすごく嬉しかったしありがたかったです。本当に楽しみですね。

    ――これまでライバル馬に騎乗してマカヒキと戦ってきましたが、その時のマカヒキの印象は?
    川田 すごく強かったですね。

    ――どのようなところが強かったですか?
    川田 もう、見たままですね。

    ――1週前の追い切りに騎乗していますが、感想は?
    川田 その(追い切りの)前に普通のところを乗っていまして、その時にどういう馬かということを把握し、追い切りでどのような動きをするのか確かめたんですけど。すごく動ける馬です。追い切りでは、前の馬と距離を保ちながらついてってくれということで、非常にスムーズに走ってくれている中でもあの時計が出ました。時計的にはびっくりしましたが、内容はゆったりしていました。直線ももう少しゆっくり捕まえにいくつもりだったんですが、すばらしい反応でアッという間に捕まえてしまいました。その辺りも僕としてはどういう馬かということを把握できました。

    ――感覚以上に時計が出た、と?
    川田 すごくゆったり感じました。馬場も真ん中ぐらいを通ったのですが、それにしても実際の時計と乗っている感覚のギャップが大きいですね。

    ――こういう馬は珍しいですか?
    川田 走る馬の特徴だな、と思います。トモの踏み込みがすごくいいです。松田(博資)厩舎によくいた牝馬の走る馬の特徴と似たものを感じることができました。牡馬でこういうキャンターをする馬にあまり乗ったことはありません。これだけ大型馬でありながら、トモが弾んでというのはなかなか経験できないことです。面白いですね。

    ――三強といわれています。この世代のレベルの高さは感じますか?
    川田 もちろん、そうですね。今年は世代のレベルの強さをすごく感じます。その三強と言われている中の馬に乗せていただけるわけですし、実際これだけすばらしい馬ですから。繰り返しになりますが、楽しみですね。

    ――当日、雨予報もありますが?
    川田 イメージとしてはやはり降らないほうがいいな、というのはありますね。これだけ飛びのきれいな馬なので、軽い馬場の方がいいと思います。

    ――最後に抱負を
    川田 何よりもこれだけすばらしいメンバーが揃って、その中の1頭に乗せていただきます。競馬では初めてですが、いい内容でこの馬が走れるように、他の方にも皐月賞を楽しんでもらえたらいいな、と思いますし、そういう競馬を僕らができればいいな、と思います。その中でマカヒキが一番いい結果を得られるように乗ることが出来たらいいな、と思っています。頑張りたいなと思います。

    ■マカヒキを管理する友道康夫調教師

    ――弥生賞はいかがでしたか?
    友道 こっちが思っている以上の内容でしたね。

    ――実戦では初めてステッキが入ったレースでしたね
    友道 競馬の後、ジョッキーと話しましたが初めてステッキを入れたと話していました。ゴール前、坂を上がってからの伸びがすごいな、と思って見ていました。

    ――ここまでの成長度は?
    友道 それぞれの課題を克服して、順調に本当によくなっていると思います。

    ――ここまでは思惑どおりですか?
    友道 新馬の後に鼻出血があり間隔をあけることになりましたが、それ以外はこちらが思っているとおりのローテーションで来ています。

    ――順調に調教できずにレースに挑むこともありましたね
    友道 2戦目は当該週の調教が思うようにできなかったのですが、競馬にいくときっちり走ってくれる。本当にすごい馬だと思います。

    ――改めて、マカヒキのいいところは?
    友道 体的なところをいえば総合的に優れています。精神面はオンとオフがはっきりしています。どう表現していいかわからないですが、他の馬とは違うような精神を持っている馬ですね。馬っぽくない馬ですね。人にも懐っこいし。普段は本当に可愛い、小さい女の子みたいな馬です。表情が可愛らしい。競馬以外では大人しいです。珍しい馬ですね。

    ――調教では思った以上に時計が出てしまうそうですね
    友道 はい。普段から乗っている人も見ている人も感覚以上に時計が速くなりますね。

    ――川田騎手がそれは走る馬の特徴だと話していましたが?
    友道 僕らの感覚でもそうだと思います。

    ――皐月賞に向けての追い切りは?
    友道 いつものパターンで1週前はしっかりやって、当週は坂路単走の軽めの調整です。ただ、今日は馬場状態が悪かったので54くらいであまり無理しないように、という感じで乗ってもらったんですが。見た目は無理をしていないような走りでしたが、53秒切るような時計(52秒7)が出るので。本当にいい状態で来ています。

    ――輸送についてはいかがですか?
    友道 前回初めての輸送でそれが一番心配でしたが、到着してからも競馬当日も落ち着いていました。そして、本番前に輸送を経験したのは強みだと思います。

    ――多頭数は初めてですが?
    友道 今回これが初めての経験なのでそれが一番問題なんですが。これまでの3回とも、初めてのことを一つ一つ克服していますから今回も大丈夫だと思います。

    ――レースは末を生かす競馬になるのでしょうか?
    友道 そうですね。そうなると思います。

    ――日曜は雨予報もあります。いかがでしょう?
    友道 チップでも時計が出る馬なので、少々渋っても大丈夫だと思います。

    ――最後に一言
    友道 相手は強いのでお互いがいい競馬をして、競馬が盛り上がってくれればと思っています。

    (取材・写真:花岡貴子)



    勝馬伝説の予想が激アツなんですよねwww
    無料情報だけで大万馬券をゲットできますwwww

    ja1












    600
    :2016/04/13(水) 11:40:35.36 ID:
    ダイヤモンド皐月賞勝ちたいローテじゃないのは確か
    なぜわざわざこんなローテにしたのか、狙いはダービー?
    かつての名馬でわざわざこんなローテにした馬はいない
      【皐月賞予想|共同会見|ネット評価まとめ】の続きを読む

    桜花賞予想|2016年|共同会見まとめ
     
    シュエラー鞍上デムーロ【一番勝ちたいレース】

    ■ジュエラーを管理する藤岡健一調教師

    ――まず、前走のチューリップ賞を振り返ってください。
    藤岡 その前のシンザン記念も惜しいレースだったので、勝ちたかったのですがハナ差で負けてしまいました。ちょっと調子が上がってきているところだったので、次は逆転できるという気持ちでここまでやってきました。

    ――改めて、ジュエラーの武器を教えてください。
    藤岡 上がりで速い脚が使えます。もちろん、長く切れる脚を使えるというのが一番の武器だと思います。

    ――この中間の状態は?
    藤岡 本番に向けて1週前に結構強い調教をしようと思っていました。自己ベストの時計、目一杯でいって51秒台でした。今週は上がり重点で、ポリトラックでやりました。予定どおりです。前走は上昇途上で少し余裕があるな、と思っていました。その辺は脂肪を落としつつ、筋肉をつけていくようなイメージでやってきました。体つきも良くなっています。確実に上積みはあるな、という感じです。

    ――この中間、ジョッキーとは話しましたか?
    藤岡 競馬に乗ってもらっているので、特に色々と話することはないんですけど。調教に乗ってもらうと雰囲気が馬に伝わってしまうので、(この中間は)助手でやるということで。ジョッキーには「状態は万全だから任せてくれ」と言っています。

    ――ワンカラット、サンシャインといった厩舎ゆかりの血統で桜花賞に挑戦する気持ちは?
    藤岡 お姉さんたちも桜花賞に出ているんですが、勝てなかったので。これだけの馬を預けていただいているので「今度こそは」という気持ちです。

    ――相手関係についてはいかがでしょうか?
    藤岡 メジャーエンブレムについては強い競馬はしています。まぁ、強いんだろうな、と思うんですが。ジュエラーは脚質的に後ろからということになると思いますが、切れる脚もあるので勝てるだけの力は持っていると思います。

    ――高松宮記念でもビッグアーサーで勝ち切って、厩舎としてもいい流れで来ていますね。
    藤岡 2着続きという嫌な流れが切れました。ここから先もGIが続くので、このままいい流れでいってほしいです。

    ――最後に一言。
    藤岡 なかなか勝ち切れないレースが続いているんですけど、このGIの舞台でジュエラーの力を存分に発揮していい結果が出るように頑張ります。よろしくお願いします。

    ■ジュエラーに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――チューリップ賞では2着でしたが強い競馬を見せてくれましたね。
    ミルコ ハナだけ負けて本当に残念。でも凄い脚を見せてくれました。

    ――シンザン記念も2着でしたね。
    ミルコ そこも残念でした。でも、本当にいい馬です。2回とも最後、すごい脚を使ってくれました。

    ――この2戦で成長は見られますか?
    ミルコ 初めて乗ったシンザン記念では、モノ見してフラフラしたり怖がりな面を見せていました。でも、チューリップ賞ではすごくリラックスしていい脚を使ってくれるようになりました。いい方に変わっていますよ。

    ――この馬の強みは?
    ミルコ 末脚です。すごい。

    ――メジャーエンブレムなど、相手関係はいかがでしょう?
    ミルコ かなり強いし時計もいい。でも、競馬は誰にも分からない。僕の馬も強い。頑張ります。

    ――桜花賞にかける思いは?
    ミルコ 一番勝ちたいレースですね。桜がきれい。2着(13年レッドオーヴァルに騎乗)だったのでリベンジしたい。今回も頑張ります。

    (取材・写真:花岡貴子)

     

    ビービーバーレル石橋【馬に合わせて競馬を】

     フェアリーS(GIII)勝ちのビービーバーレル(牝3・美浦・中舘英二)の中舘調教師と石橋脩騎手の共同記者会見が行われた。

    ■中舘調教師

    (前走について)
    「強い馬(メジャーエンブレム)を負かすよう指示しましたからね。坂下まで頑張ってくれましたし、競馬の内容としては良かったと思います」

    (前走からここに向けての調整過程は?)
    「桜花賞に向けて目鼻がつく競馬ができたと思います。暖かくなって体の状態も良くなりましたから、体力強化を第一目標に、リズム良く走れるようにやってきました」

    (今日の追い切りについて)
    「先週しっかりやっていましたし、今週は調整程度でした。少し時計は速かったですが、状態が良いのだと思います」

    (レースプランは?)
    「どんなレース展開でも対応できるように、自分のリズム重視の競馬をしてほしいです。ジョッキーもよく考えてくれると思いますので、走れる状態にすることが僕らの仕事だと思っています」

    (最後にメッセージを)
    「ビービーバーレルが気持良く走って1着になれるよう、頑張りますのでよろしくお願い致します」


    ■石橋騎手

    (この馬の良さは?)
    「新馬の時からレースに行ってセンスもありますし、乗り難しいところもあまり見られないです。一生懸命レースで走ってくれるところが長所です」

    (3歳になってさらに良くなったところは?)
    「重賞を勝った時の追い切りの映像を見て、走り方にもすごく伸びが出て良くなっていると思っていました。実際に競馬に行って、新馬の時よりもだいぶ走り方も変わって成長しているなと感じました」

    (レースプランは?)
    「自分の競馬ができればと思っています」

    (阪神マイルのポイントは?)
    「当日の芝コンディション、傾向を見ながら考えてはいますけど、馬に合わせた競馬ができればと思っています」

    (理想の枠、ポジションは?)
    「後ろから行くというわけではないので、内目の枠の方が楽に自分が思ったようなポジションが取れるかなと思います」

    (最後にメッセージを)
    「頑張ります」

    (取材・写真:佐々木祥恵)

    【桜花賞予想|2016年|共同会見まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ