新潟2歳S注目馬|ペルソナリテの評価が上がりつつある

<新潟2歳S:追い切り>

 唯一の2勝馬ペルソナリテ(牝、相沢)は、柴田大騎手を背に美浦ウッドで単走で追われた。

 直線に入ると馬なりのまま鋭く伸び、5ハロン66秒8、しまい13秒0をマーク。柴田大騎手は「無理させずに、勝手に出た時計ですから」と、予定より速めの時計にも平然としていた。400キロの小柄な牝馬だが、脚がたまったときの弾け方はすごい。新馬戦、ダリア賞と後方から驚異的な末脚で勝っている。鞍上も「乗っていて小さいという感じはありません。フットワークが軽いし、切れる脚も使える。むしろもっと大きく感じます」。マイル戦は初めてになるが、陣営は守備範囲とみている。

 

ペルソナリテは出走馬唯一の2勝馬

ダリア賞

 

大知も高評価している

【新潟2歳S(日曜=30日、新潟芝外1600メートル)注目馬26日最終追い切り:美浦】ペルソナリテは南ウッド6ハロンから単走。体を大きく使ったフォームで、400キロ前後とは思えぬ豪快な動きを披露した(82・8―38・7―12・7秒)。好調キープだ。

 相沢調教師「予定よりタイムは速くなったが、無理はしていないだけに具合のいい証拠でしょう。重賞でも崩れないと思う」

 
データから外せない5頭の内の1頭
 

【新潟2歳S(日曜=30日、新潟芝外1600メートル)過去10年ワンポイント】過去10年の単勝1番人気は〈4・2・1・3〉。不確定要素の多いこの時期の2歳重賞としては上々の信頼度だ。対して2番人気〈1・1・1・7〉、3番人気〈2・0・1・7〉は低調。

 臨戦距離は短過ぎず、長過ぎずが理想で、馬券圏内30頭中、前走距離1400メートルが13頭、1600メートルが11頭を占める(1200メートル=4頭、1800メートル=2頭)。

 前走距離1400~1600メートルで、なおかつ勝っていること、当新潟コースであることを条件に加えると、該当馬はウインミレーユ、カネノイロ、プリンシパルスター、ペルソナリテ、ルグランフリソンの5頭。データ上、来る確率の高いこの5頭は拾っておきたい。

 

 

ツイッターの声 

 

2chの声

353:2015/08/27(木) 10:42:03.11 ID:
ペルソナリテちいさいなー
400以下かもしれんぞ
357:2015/08/27(木) 12:06:30.32 ID:
ひとつ間違ったくらいで、なにをそこまでイライラしてんだ。察したほうがいいっては、少しあれだが。

ダリア組はレベルがいまいちな気がするから、強い勝ち方をしたロードを買いたくなるんだけど、単2.4倍とかそんなかな?


無料コンテンツの質NO1…管理人も無料コンテンツはよく見ます
ハイボルテージ

mnis