競馬2chぽい2chねるぽい情報

競馬2chSC,ツイッター,ヤフーニュース,youtube動画などで扱っている競馬情報を馬券的中に繋がるようにアレンジしてお伝えしたいと思っています!!

    2017年04月

    天皇賞(春)予想|2017年|アンカツ予想を予想してみる



    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    東スポを見ると
    キタサンブラックなんでしょうね。



    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium















    皐月賞予想|2017年|アンカツ予想を予想してみる



    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250



    皐月賞のアンカツ予想
    まずこの動画から



    アンカツさんの推奨3頭
    an


















    その後の東スポを見ると
    ファンディーナ・レイデオロ・ペルシアンナイト・カデナ・ウインブライト・スワーヴリチャード・アイライン
    このあたりかな。


    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium















    桜花賞予想|2017年|アンカツ予想を予想してみる



    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250





    ソウルスターリング貫禄「気が入ってる」/桜花賞


    ソウルスターリングは午後1時前に決戦の地へ到着。今回で阪神競馬場は3走連続3度目。落ち着いた様子で貫禄を見せた。  手島厩務員も「全然大丈夫。前回も落ち着いていたけど、今回も問題ない」と安心する。休み明けを使った上積みも大きく「気持ちの入り方が違う。いい意味で気が入っている」と完勝したチューリップ賞以上の走りを期待していた。


    東スポ見るとあたりですかね

    ソウルスターリング・アドマイヤミヤビ・カラクレナイ・リスクラジュー・ミスエルテ









    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium















    大阪杯予想|2017年|アンカツ予想を予想してみる

    キタサンブラック関連ニュース

    GI昇格大阪杯で武豊7勝目なるか。キタサンに思い出す、ある名馬。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170401-00827761-number-horse


     
    昨年の年度代表馬キタサンブラック(牡5歳、父ブラックタイド、栗東・清水久詞厩舎)が、今週の第61回大阪杯(4月2日、阪神芝内回り2000m、4歳以上GI)から始動する。  
    有馬記念のあと休養し、年明け初戦が大阪杯というのは昨年と同じだが、大きく異なるのは、今年から大阪杯がGIに昇格したことだ。

    昨年の大阪杯では、初めて武豊を背に迎え、逃げ込みをはかるも首差の2着。それでも、次走の天皇賞・春に向けての理想的な試走となり、見事、盾を手中におさめた。  

    今年は初戦から「本番」となるわけだが、昨年、あれだけの成績をおさめて王座についたことにより、どんなときでも負けるわけにはいかない馬になった、と、陣営は考えているのではないか。  馬自身もそう意識しているかのように、調教の走りも、馬道の歩き方や顔つきにも、王者の風格が出てきた。

    キタサンに思い出す、スーパークリークの安定感。 武とコンビを結成してから丸1年。今年の大阪杯がコンビ7戦目となる。  雄大な鹿毛の馬体。強靱な先行力。レールの上を走っているような安定感。その鞍上に武がいると、1988年の菊花賞で武に初めてのGIをプレゼントしたスーパークリークが思い出される。  

    スーパークリークは、父ノーアテンション、母の父インターメゾというスタミナ優先の配合だったが、

    '89年の天皇賞・秋では、ゲートからオグリキャップ以上のスピードを見せて先行し、勝利をおさめた。  キタサンブラックは、母の父がスプリンターのサクラバクシンオーでありながら、菊花賞と天皇賞・春という長距離GIを制している。  


    「ブラッドスポーツ」と呼ばれる競馬において、血の常識を打ち破る強さを見せている痛快さも、両馬に共通するところだ。. 史上初のGI全制覇に向けて「大阪杯男」の腕が鳴る。 

    武は、GIIだった大阪杯で、昨年まで史上最多となる6勝をマークしている。
    '88年フレッシュボイス、
    '90年スーパークリーク、
    '93年メジロマックイーン、
    97年マーベラスサンデー、
    '98年エアグルーヴ、
    2014年キズナ。

    すべてGI馬だ。  その6勝とも、GIのようなメンバーで(だから昇格したのだが)、クリークやマックイーン、キズナなど、ブラック同様負けるわけにはいかない馬で結果を出してきた。

     「日本を代表する馬です」  武はブラックのことを、敬意をこめて、何度もそう言っている。

     春は、大阪杯、天皇賞、宝塚記念というローテーションで、秋の凱旋門賞に1次登録するようだ。  武は、史上初のJRA・GI全勝まで、残るは朝日杯フューチュリティステークスのみ、というところまで来ていたが、今年からホープフルステークスと、この大阪杯がGIに格上げされたことにより、残り3つとなった。「大阪杯男」の名にかけて、ここはぜひとも片づけておきたいところだろう。
    【大阪杯予想|2017年|アンカツ予想を予想してみる】の続きを読む

    このページのトップヘ