競馬2chぽい2chねるぽい情報

競馬2chSC,ツイッター,ヤフーニュース,youtube動画などで扱っている競馬情報を馬券的中に繋がるようにアレンジしてお伝えしたいと思っています!!

    2016年12月

    東京大賞典予想|2016年|アンカツ予想してみる

     16年最後のG1「第62回東京大賞典」は29日、東京・大井競馬場でゲートイン。G1馬6頭を含む14頭が砂のグランプリで激突する。王座奪還に燃えるのが、昨秋の砂路線転向を機に大きく花開いた6歳牡馬(8)アウォーディー。半妹アムールブリエ、半弟ラニもダートで大活躍。11月の川崎JBCクラシック以来、2度目のG1タイトル獲得へ抜かりはない。

     尾張の借りは大井で返す。アウォーディーはダート転向後負けなしの6連勝で臨んだ前走、チャンピオンズCでサウンドトゥルーの前に初黒星。レース後、武豊は「ソラを使った(気を抜いた)。抜けてブレーキをかけることは想定して乗ったが、凄い止まり方だった」と厳しい表情。先頭に立つラスト100メートルまでは完璧な競馬だったが、そこから唯一の課題だった「集中力のなさ」を露呈してしまった。今回はその“因縁”の相手と再戦。担当の丸内助手は雪辱に燃える。

     「気を抜くところは以前から。前走は勝ち馬にうまくやられてしまった。賢い馬だけに自分で加減して、一生懸命走らなくなってしまう。まあ、逆に大崩れすることもないが…。強い相手でも2着に来たのは能力が高い証拠」

     1週前追いは主戦の武豊が手綱を取り、CWコースでビッシリ。ダイナミックなフォームでいっぱいに追われ、ゴール前も脚色は鈍らなかった。熱のこもった調整に同助手は「力を出せる仕上がり」と手応えをにじませた。

     コースは中京から先行有利の大井2000メートル戦に替わる。大井は中央に比べ砂が深くパワーを要する馬場。そのため、瞬発力を武器にする馬にとっては切れ味をそがれやすい。アウォーディーは大井初参戦だが、地方交流実績を考えれば勝ち負けして当然だろう。同助手は「右、左関係なく脚質的にも走りやすい。この馬の競馬ができれば」と話す。

     ダート界は王者不在の混戦ムード。勝てば最優秀ダート馬の可能性も出てくる。持ち前の先行力で相手をねじ伏せ、砂の新時代を切り開く。

    【東京大賞典予想|2016年|アンカツ予想してみる】の続きを読む

    有馬記念予想|アンカツ予想を予想してみる

     アイドルグループ「SKE48」の鎌田菜月(20)、青木詩織(20)、NMB48の上枝恵美加(22)が23日、愛知県豊明市の中京競馬場でトークショーを行った。

     3人は中山大障害(中山競馬場)の予想を披露。SKE対NMBの予想合戦となったが、結果は上枝が○◎△で的中(3連複4頭ボックスで1000円ずつ購入)とNMBに軍配が上がった。

     普段から特技の乗馬をきっかけに競馬の予想をしているという上枝は25日の有馬記念について
     ◎ゴールドアクター
     ○キタサンブラック
     ▲ミッキークイーン
     △サトノダイヤモンド
     △サウンズオブアース
     △シュヴァルグラン
    と本紙に打ち明けた。

    「中でも気になるのはミッキークイーン。3連対を外したのは昨年の(左回りの)ジャパンカップだけ。この馬は右回りの方が得意。乗馬でもそういうのがあるんですよ。3着以内には来るんじゃないかな」と競馬通なところを見せた。

     これに対して静岡県焼津市出身の青木は「私は『やいづ親善大使』を務めているので8→1→2の“焼津馬券”でいきます」と変化球。また鎌田は「輝いている女性に憧れているのでマリアライトが本命です。宝塚記念も勝っているし実力はあると思います。このレースが最後だそうですが応援しています」とG�・2勝馬にエールを送った。

    【有馬記念予想|アンカツ予想を予想してみる】の続きを読む

    朝日杯予想|2016年|アンカツ予想を予想してみる

    すごい競馬の予想がSUGOI

     ダンビュライト(牡2、音無)は15日、厩舎から坂路上の丸馬場まで往復し調整された。

     「変わらず順調。追い切りはバネの利いたいい動きだったし、いい状態で出せそう」と音無師は満足げな表情。同厩舎のアメリカズカップも同じメニューで調整。「追い切りが少し物足りなかったけど、もともとそれほど調教は動かない馬。状態は悪くない」と実戦に期待する。

    【朝日杯予想|2016年|アンカツ予想を予想してみる】の続きを読む

    朝日杯FS気になるニュースまとめ

    朝日杯FS→情熱競馬の予想が熱いw


    不気味なミルコ・・・抽選クリアー

     朝日杯FSの2連覇がかかる角居厩舎から出走するクリアザトラック(牡、角居)は7分の4の抽選をクリア。

     「子どもっぽいところもあったけど、デビュー戦は強かったし、いい脚を使ってくれた。血統もいいし、能力がある」と新馬勝ちに導いたM・デムーロ騎手も評価。今回が2戦目で、まだ底を見せていない。14日の最終追いは芝コースで行われた。単走で6ハロン82秒9-12秒8。騎乗した前川助手は「ガス抜き程度にさっと流した。ここに向けてしっかりと仕上げられた」と納得の表情だった。


    レッドアンシェル
     

    <朝日杯FS:追い切り>

     無傷の3連勝を狙うレッドアンシェル(牡、庄野)はCウッド単走で強めに追われ、6ハロン85秒3-12秒3をパワフルにマークした。

     正面入り口から、うるさいしぐさを見せていたが、向こう正面から落ち着きを見せ、鞍上(加藤騎手、レースはシュミノー騎手)との息はぴったり。余力たっぷりにゴール板前を駆け抜け、心身ともにピークの仕上がりをアピールした。庄野師は「時計はイメージ通りだったし、3~4角の加速する感じが良かった。デビュー時はピッチ気味の走りだったが、今日なんかでも手脚を伸ばして気持ち良さそうに走っていたね」と満点評価を与えた。

     
    【朝日杯FS気になるニュースまとめ】の続きを読む

    阪神ジュベナイルフィリーズ予想|2016年|アンカツ予想を予想してみる

     JRA2歳女王決定戦「第68回阪神ジュベナイルフィリーズ」(11日=日曜11R・15時40分発走、阪神芝外1600メートル)の枠順が9日午前、以下のように決まった。

     英国でGI・10勝を含む14戦全勝の成績を残して引退した“怪物”フランケルの娘で2戦2勝のソウルスターリング(ルメール騎乗)は1枠2番、新馬勝ちこそ逃したが2走目で今回と同じ阪神外回りコースでレコード勝ちと素質の高さを示して続くアルテミスSも制覇したリスグラシュー(戸崎圭騎乗)は8枠18番からスタートする。

     新馬→ききょうS→デイリー杯2歳Sと3戦負けなしのジューヌエコール(バルザローナ騎乗)は6枠11番、小倉2歳S覇者で前走の京王杯2歳Sでは牡馬相手に2着と善戦したレーヌミノル(蛯名騎乗)は2枠4番、新馬→新潟2歳Sと連勝し夏以来の実戦となるものの放牧先で乗り込まれてきたヴゼットジョリー(和田騎乗)は8枠17番に入った。

     なお、このレースは10日(土曜)から前売りが開始される。

    ★「阪神JF」枠順と騎手(全馬54キロ)★

    【1枠】 1番 ディーパワンサ   シュタルケ
    【1枠】 2番 ソウルスターリング ルメール
    【2枠】 3番 エムオービーナス  木幡初
    【2枠】 4番 レーヌミノル    蛯名
    【3枠】 5番 ポンポン      嘉藤
    【3枠】 6番 ショーウェイ    松若
    【4枠】 7番 ブラックオニキス  城戸
    【4枠】 8番 サトノアリシア   池添
    【5枠】 9番 ジャストザマリン  四位
    【5枠】10番 クインズサリナ   シュミノー
    【6枠】11番 ジューヌエコール  バルザローナ
    【6枠】12番 アリンナ      田辺
    【7枠】13番 ゴールドケープ   丸山
    【7枠】14番 スズカゼ      松田
    【7枠】15番 フェルトベルク   川島
    【8枠】16番 シグルーン     藤岡康
    【8枠】17番 ヴゼットジョリー  和田
    【8枠】18番 リスグラシュー   戸崎圭

    【阪神ジュベナイルフィリーズ予想|2016年|アンカツ予想を予想してみる】の続きを読む

    このページのトップヘ