競馬2chぽい2chねるぽい情報

競馬2chSC,ツイッター,ヤフーニュース,youtube動画などで扱っている競馬情報を馬券的中に繋がるようにアレンジしてお伝えしたいと思っています!!

    2016年11月

    ジャパンカップ予想|2016年|アンカツ予想を予想してみる

     27日に東京競馬場で行われる、第36回ジャパンC(3歳上・GI・芝2400m・1着賞金3億円)の前日オッズがJRAより発表された。

     金曜日発売に続き、単勝オッズ1番人気には菊花賞、天皇賞(春)に続くGI・3勝目を狙うキタサンブラック(牡4、栗東・清水久詞厩舎、3.5倍)が支持された。

     続いての2番人気は昨年の有馬記念を制したゴールドアクター(牡5、美浦・中川公成厩舎、4.3倍)、3番人気はドバイターフを制したR.ムーア騎手とのコンビで挑むリアルスティール(牡4、栗東・矢作芳人厩舎、5.7倍)となった。

     以下、今年の皐月賞馬ディーマジェスティ(牡3、美浦・二ノ宮敬宇厩舎、6.9倍)、悲願の重賞勝利&GI制覇を狙うサウンズオブアース(牡5、栗東・藤岡健一厩舎、12.7倍)、秋の天皇賞7着からの巻き返しを期す女傑ルージュバック(牝4、美浦・大竹正博厩舎、14.3倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    01 キタサンブラック 3.5
    03 ゴールドアクター 4.3
    16 リアルスティール 5.7
    09 ディーマジェスティ 6.9
    12 サウンズオブアース 12.7
    04 ルージュバック 14.3
    17 シュヴァルグラン 14.6
    14 レインボーライン 19.8
    08 イラプト 30.2
    15 ナイトフラワー 31.0
    10 トーセンバジル 48.2
    02 ビッシュ 51.6
    06 ラストインパクト 70.1
    07 ワンアンドオンリー 87.7
    05 イキートス 89.4
    11 フェイムゲーム 97.5
    13 ヒットザターゲット 173.1

     その他、馬連は01-03が8.5倍、馬単は03-01が16.8倍、3連複は01-03-16が14.3倍、3連単は01-03-16が60.0倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

    【ジャパンカップ予想|2016年|アンカツ予想を予想してみる】の続きを読む

    JC(ジャパンカップ)予想|2016年|ディーマジェスティが期待なわけ


    ここの予想で万馬券GET-無料情報が熱い注目サイト-勝馬伝説

    「自分から勝ちにいって、どれだけの競馬ができるか」

     菊花賞に臨むディーマジェスティ(牡3歳)について、レース前に同馬の関係者に話を聞いたとき、そんな言葉が返ってきた――。

    【写真】こちらの有力馬もオーナーの鼻息が荒い

     GIは、恵まれて勝てるほど、甘くはない。とはいえ、皐月賞を勝ったディーマジェスティは、リオンディーズが逃げて作り出したハイペースの恩恵を、明らかに受けていた。有力馬の中では、最も「レースの流れが向いた」と言えるだろう。

     続く日本ダービーでは、マカヒキ、サトノダイヤモンドら有力馬に、真っ向勝負を挑んで3着に敗れた。

     そして、迎えた菊花賞、おそらくサトノダイヤモンドと人気を二分するレースにおいて、ダービー同様に真っ向勝負を挑んで、どれだけの競馬ができるか。そこで、ディーマジェスティの真価が問われる――それが、冒頭の関係者の言葉が意図するところだった。

     レース本番。関係者の言葉どおり、ディーマジェスティは1番人気サトノダイヤモンドに対して真っ向勝負を挑んだ。だが、あっさりと跳ね返されて4着に沈んだ。デビュー以来、8戦目で初めて馬券圏内から消えた。

     結局、勝ちにいって勝てない――ディーマジェスティは、その程度の馬なのか。いや、そう思うのはまだ早計なのか。同馬が続いて挑むジャパンカップ(11月27日/東京・芝2400m)で、その評価が改めて下されることになる。

     菊花賞のあと、競馬関係者やファンの声を聞くと、どうやら「その程度」という見方が大勢を占めているようだ。

     はたして、本当にそうだろうか。

     ポイントのひとつは、菊花賞の敗因にある。レース直後は、実力のほか、距離やコースが敗因とされた。だが、どうやら真相は“太め残り“ということらしい。

     前走比プラス6kgは、一見許容範囲だが、関東からの輸送を考えるとやや重め。しかも、馬体重が480kg台になったのは、デビュー以来、初めてのこと。ということは、プラス分は成長ではなく、確かに「太めが残った」と考えられる。

     実際、主戦の蛯名正義騎手も、「今にして思えば、(菊花賞のときは)馬体が立派だったかも......」と語って、その点を一番の敗因に挙げているという。

     もうひとつポイントを挙げれば、菊花賞というレースそのものにある。

     このレースは、2001年のマンハッタンカフェ以来、実に15年もの間、関東馬が勝っていない。まさしく、関東馬にとっては“鬼門“のレースなのだ。

    【JC(ジャパンカップ)予想|2016年|ディーマジェスティが期待なわけ】の続きを読む

    マイルCS予想|2016年アンカツ予想を予想してみる


    明日のマイルCS…
    アンカツはどんな予想をするのかなw

    東スポを見ると
    本命
    ミッキーアイルな気がしますw






    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by 競馬情報会社.com



    エリザベス女王杯2016年のアンカツ予想を予想して見る

    エリザベス女王杯-お願いマリアライト

     春G1は回収率140%だったデジタル編集部の“真希バオー”こと中嶋真希記者が、12月末までの秋G1の11戦を予想します。連敗が続き、崖っ縁で迎える第5戦は、今年の女王を決めるエリザベス女王杯(京都2200メートル、13日午後3時40分発走)。毎日新聞の競馬面担当、松沢一憲記者の解説を交えながら“ウマ女”記者が競馬の楽しさをお届けします。【中嶋真希】

     エリザベス女王杯は、3歳牝馬が古馬(4歳以上の馬)の牝馬に戦いを挑む。春に宝塚記念(阪神2200メートル)を勝ったマリアライトが昨年に続き勝利するか、それに待ったをかける馬が出現するか。真希バオーは、今年まだ牝馬4戦を的中できていない。同じ「淑女」として、馬の気持ちになって予想に挑みたい。

     「馬の気持ちなんてわかるわけないだろ、バカヤロー」と松沢記者に怒られた。「馬は大きなペットみたいなもの。ペットが走るかどうかは、データで見るんだよ。お前も、おれの新刊『怒濤のVライン』(1800円+税、ガイドワークス)をよく読んで勉強しろ」。ちゃっかり宣伝を挟み込む松沢記者の、予想はいかに。

     ◇本命はマリアライト

     「過去10年、このレースで馬連(1、2着に入る馬を当てる)が万馬券になったのは1回のみ。9回は5000円以下と、順当に収まっている」と松沢記者。荒れないとみて、マリアライトを本命にした。「宝塚記念では、現役最強と言われたドゥラメンテやキタサンブラックらを破って春のグランプリ馬になった。前走のオールカマー(中山2200メートル)は5着だったが、休み明けで力を出し切れなかった」と評価する。

     アリアライトを破るとすれば、パールコード。「秋華賞(京都2000メートル)は、半馬身差で2着。3歳世代きっての実績のある馬だ。好位につけて、うまく立ち回れるレースセンスを身につけている。大きく崩れることはないだろう」

     3番手は、デンコウアンジュ。「前走の秋華賞は9着だったが、外を回るコースロスがあった上に、スローペースで自慢の末脚(ゴール前の加速)を発揮できなかった。人気を落としているが、アルテミスステークス(S)=東京1600メートル=では2歳女王で後のNHKマイルカップ(東京1600メートル)馬のメジャーエンブレムを破っている。勝ち負けできる潜在能力を備えている」

     ◇気になる穴は…

     穴は、クイーンズリング、シュンドルボン、ミッキークイーン。

     クイーンズリングは、前走の府中牝馬S(東京1800メートル)を1馬身半差で快勝。「昨年のエリザベス女王杯は8着だったが、直線で不利があった。スムーズにレースができれば、勝ち負けに持ち込める」

     シュンドルボンは、「前走の府中牝馬Sは、追い込み馬に不利な流れをレース最速の上がり33.3秒で3馬身4分の1差の5着まで迫った。今回は、休養明け2戦目。2000メートル以上のレースで勝っていないが、1800メートルを4勝していれば、2200メートルも守備範囲だ」。

     人気が予想されるミッキークイーンは、6カ月ぶりの実戦で評価を下げた。「過去10年で1~3着の馬は、必ず9月か10月に1度使われている。データでは狙えないが、4歳世代をけん引してきた実力馬。無印にはできない」

     ◇真希バオーの大胆予想

     3連複5頭ボックス(10点1000円)

     (1)ミッキークイーン

     (2)マリアライト

     (3)クイーンズリング

     (7)マキシマムドパリ

     (15)パールコード

     松沢記者と同じく、マリアライトを本命にした。5着だった前走のオールカマーは、3カ月の休み明け。ひとたたきした上積みが見込める今回は、きっちり結果を出してくれるだろう。マキシマムドパリは、派手さはないが、安定した成績を残している。デビューから16戦で、掲示板を外した(5着以下になった)のは、オークス(東京2400メートル)の8着のみ。牡馬を相手に健闘しているのも心強い。

     ◇崖っ縁の4連敗 -4000円

     10月30日にあった天皇賞・秋(東京2000メートル)は、「最強マイラー」のモーリスが2000メートルでも強さを見せつけて圧勝。2着はリアルスティール、3着にはステファノスが入った。◎に期待したエイシンヒカリは、勢いよく逃げるも直線で馬群に沈んで12着。応援し続けていたアンビシャスも4着に敗れた。

     翌日、出社して席に着くと、部長が肩をたたいてきた。「また外れたな」。いつも優しい笑顔の部長だが、予想を外した翌日は冷たい。「秋のレースは波乱が続いていて……」と弁解すると、「そろそろ当てないと、連載は打ち切りだぞ」と去っていった。秋G1戦も中盤。14日の月曜日には、部長の笑顔が見られるようにがんばるぞ。

    【エリザベス女王杯2016年のアンカツ予想を予想して見る】の続きを読む

    このページのトップヘ